固定資産売却益

スポンサードリンク


固定資産売却益とは、有形固定資産(土地、建物、機械及び装置、車両運搬具等)を、売却したときの差益を計上する科目です。

手数料、売買契約書の印紙代等の売却に伴う諸費用は、売却益から差し引くことができます。

もし固定資産の下取り価格がその資産の時価より高すぎる場合、新規取得資産の値引きともに考えられます。

■仕訳例

・会社所有の土地を10,000,000円で売却した。
土地の簿価は7,000,000円で、仲介手数料や売買契約書の印紙代等の諸費用500,000円が差し引かれて普通預金に振り込まれた。
(借方) 普通預金 9,500,000 (貸方) 土地 7,000,000
                      固定資産売却益 2,500,000

・取得原価2,000,000円、減価償却累計額600,000円で、簿価が1,400,000円になっている機械を1,500,000円で売却した。
代金は未収になっている。
(借方) 未収金 1,500,000     (貸方) 機械及び装置 2,000,000
    減価償却累計額 600,000     固定資産売却益 100,000

■主な取引例

・土地売却益
・備品売却益
・装置売却益
・建物売却益
・車両下取益
・自動車売却益
・固定資産売却益
・構築物売却益
・機械売却益
・機械下取益
・特許権売却益

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2