通信費

スポンサードリンク


取引先への連絡目的や社内への連絡・報告、郵便・書類送付、電話代・インターネットの使用料など通信のためにかかった料金を計上する科目です。
ただし、ダイレクトメールで広告を送ったときの費用は、普通、広告宣伝費として処理します。

切手・葉書は、購入時に経費処理して、決算時に未使用分を棚卸資産の貯蔵品に計上します。
貯蔵品としての在庫が少なく決算以降1年以内に消費すると見込まれる場合は、通常計上の必要はありません。

請求書の日付でも銀行振替日のどちらでも計上できます。

インターネットや電話料金などの通信費用はどちらか一方に定めて、継続して計上します。この場合、請求書の日付で計上するのは発生主義の扱いになるので、まず未払金として処理することになります。

■仕訳例

・現金で8,000円分の切手を購入した。
(借方) 通信費 8,000 (貸方) 現金 8,000

・電話料金37,000円分が普通預金から引き落とされた。
(借方) 通信費 37,000 (貸方) 普通預金 37,000

■主な取引例

・インターネット料金
・切手代
・公衆電話代
・速達料金
・通信料金
・通話料金
・電話料金
・郵送料
・郵便料金
・郵便切手
・プロバイダー料金
・料金別納郵便
・宅配便(書類)
・バイク便使用(書類)
・小包料金(書類)
・航空郵便料
・書留料金
・携帯電話通信料
・国際宅配便(書類)
・テレホンカード購入
・ファクシミリ料金
・ゆうパック料金

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2