消耗品費

スポンサードリンク


消耗品とは、使い続けると消滅してしまったり、効果が無くなるもののことです。
消耗品費とはその消耗品を購入した費用を計上することをいいます。

事務用品科目を設けている場合は、事務用品と区別して、この科目には事務用に消費しない消耗品だけを処理します。

使用可能期間が1年未満または取得価額10万円未満の消耗工具器具備品等は、少額な減価償却
資産になるので、減価償却せずに消耗品費として使用開始年度の取得価額を全額計上できます。

■仕訳例

・事務用机を購入して代金30,000円を現金で支払った。
(借方) 消耗品費 30,000 (貸方) 現金 30,000

・年度末に工場の棚卸で、作業用工具40,000円が未使用で残っていた。
これは費用として、消耗品費に計上している。
(借方) 貯蔵品 40,000 (貸方) 消耗品費 40,000

■主な取引例

・事務用机購入
・事務用品
・消耗品
・椅子購入
・ガラス代
・蛍光灯代
・作業用手袋購入
・自転車購入
・テープ代
・電球代
・電池代
・トイレットペーパー代
・フィルム代
・ロッカー代
・石鹸代
・洗剤代

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2