保険料

スポンサードリンク


事業の運営に損害を与える事故に備える保険が対象です。

支払保険料のような科目名を用いる場合もあります。
この支払い保険料には、火災保険・盗難保険・運送保険などの損害保険料や、養老保険・定期保険などの生命保険料が該当します。

保険料は前払いなので、決算時に前払い費用への計上が原則ですが、支払日から1年以内のものは、継続適用を条件として支払時に損金として費用計上できます。

なお、1年を超える保険料は、前払費用に計上します。
保険期間3年以上で満了後に満期返戻金の支払われる積立型の長期損害保険や養老保険などの貯蓄型の生命保険への支払いは、保険終了まで保険積立金の科目で資産に計上します。

■仕訳例

・倉庫を対象とした火災保険契約として、1年分の保険料120,000円を小切手で支払った。
(借方) 保険料 120,000 (貸方) 当座預金 120,000

・10月1日に契約した火災保険料1年分300,000円を小切手で支払い、3月31日の決算で前払い費用に計上した。
(借方) 前払費用 150,000 (貸方) 保険料 150,000

■主な取引例

・運送保険料
・海上保険料
・火災保険料
・交通障害保険料
・傷害保険料
・損害保険料
・建物共済保険料
・盗難保険料
・定期保険料
・総合保険料
・旅行保険料
・労働災害補償保険料
・生命保険料
・損害賠償責任保険料
・養老保険料
・自動車任意保険料

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2