為替差損

スポンサードリンク


外貨建取引による外貨や債権、債務を、決済・換算したときの為替差損勘定を計上する科目です。
簡単にいうと、外国のお金を日本のお金に換えたときに生じる換算差額が下回る場合にこの為替差損を使います。

外国通貨や外貨建金銭債権債務、外貨建有価証券等保有しているものに関して、基本として、決算時の為替レートで円換算した上で、この科目に差損を計上します。

為替予約をしたときには、予約締結までの差額を予約日の属す期に処理をして、残った金額を決済日の属す期まで期間配分をします。
ただし、特に重要性のない残額の場合、予約日の属す期に処理できます。

■仕訳例

・米ドルのトラベラーズチェック1,000ドルを、決算期に円換算した。
取得日の為替レートは1ドル=130円で、期末時は1ドル=110円だった。
(借方) 為替差損 20,000 (貸方) 現金 20,000

・外貨預金50,000ドルを、期末に円換算した。
取得時のレートは1ドル=120円で、期末時は1ドル=110円である。
(借方) 為替差損 500,000 (貸方) 外貨現金 500,000

・アメリカから仕入れた商品5,000ドルの代金を小切手で決済した。
仕入時の為替レート1ドル=130円が、決済日には1ドル=140円になっていた。
(借方) 買掛金 650,000 (貸方) 当座預金 700,000
    為替差損 50,000

■主な取引例

・為替換算差損
・為替予約換算差損
・海外支店財務諸表換算差損
・為替決済差損
・在外支店財務諸表換算差損

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2