固定資産売却損

スポンサードリンク


固定資産売却損とは、有形固定資産(土地、建物、機械及び装置、車両運搬具等)を、売却したときの差損を計上する科目です。

手数料、売買契約書の印紙代等の売却に伴う諸費用も、固定資産売却損として処理します。

固定資産売却損は、特別損失の内訳科目になります。

固定資産の廃棄による損失は固定資産除却損という別の科目になるので注意が必要です。

■仕訳例

・取得原価1,000,000円、減価償却累計額500,000円の車両を300,000円で売却して、代金を現金で受け取った。
(借方) 現金 300,000        (貸方) 車両運搬具 1,000,000
    減価償却累計額 500,000
    固定資産売却損 200,000

・取得原価800,000円、簿価400,000円の機械を200,000円で売却した代金が当座預金に入金された。
(借方) 当座預金 200,000     (貸方) 機械及び装置 800,000
    減価償却累計額 400,000
    固定資産売却損 200,000

■主な取引例

・車両売却損
・機械下取損
・機械売却損
・自動車下取損
・設備売却損
・装置売却損
・建物売却損
・土地売却損
・備品売却損

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2