事業主貸

スポンサードリンク


個人事業主に対する貸し付けた金額を計上する科目です。
生活費や所得税、住民税等の事業の必要経費にできない税金の支払金額を計上します。

必要経費に計上できるものは、事業税、消費税、自動車税、固定資産税、不動産取得税、地価税、登録免許税、印紙税等です。

反対科目は事業主借であり、事業主貸と事業主借は期末に相殺して元入金に振り替えます。

■仕訳例

・事業主の所得税300,000円を銀行で納付した。
(借方) 事業主貸 300,000 (貸方) 現金 300,000

・1階が店舗、2階を住居にする建物を建築して、30,000,000円を小切手で支払った。
床面積による利用割合は、店舗の50%である。
(借方) 建物 15,000,000    (貸方) 当座預金 30,000,000
    事業主貸 15,000,000

■主な取引例

・家事消費
・家事消費分減価償却費
・個人所得税
・個人住民税
・家事消費分地代家賃
・事業主立替払
・生活費支払

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2