製品/棚卸資産

スポンサードリンク


販売用に製造・加工をし、完成させ販売ができるものを製品といい、外部から買い入れてすぐ販売できる商品と違うところは製造・加工を自社で行うことです。

製品が完成するまでは仕掛品に計上し、完成時に製品の科目に振り替えます。

もし最終的な完成品でない場合も、取引先に販売可能な部品であれば、製品として計上できます。

■仕訳例

・期末棚卸の結果、完成済製品が300,000円分であることを確認した。
期首の仕掛品は1,000,000円だった。
(借方) 期首仕掛品 1,000,000 (貸方) 仕掛品 700,000
                        製品 300,000

・決算期に、期末製品棚卸高600,000円を資産計上した。
(借方) 製品 600,000 (貸方) 期末製品棚卸高 600,000

・前期末に資産計上した製品1,200,000円を期首製品棚卸高に振り替えた。
(借方) 期首製品棚卸高 1,200,000 (貸方) 製品 1,200,000

■主な取引例

・作業くず
・自社製品
・製造副産物
・製品
・製造原価振替
・完成品受入
・完成済製品

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2