建物

スポンサードリンク


建物は減価償却の対象となる有形固定資産です。
事務所や工場、倉庫、店舗、住宅など建物全般はこの科目に該当します。

新規に取得する建物の減価償却は、定額法で計算します。

また、購入の際に伴う、仲介手数料や引取運賃、荷役費、取得するための関税・据付費用等も取得費用に含まれます。

■仕訳例

・事業用の建物を15,000,000円で購入し、代金を現金で支払った。
(借方) 建物 15,000,000 (貸方) 当座預金 15,000,000

・中古のビルを取得する際に、立退料5,000,000円を現金で支払った。
(借方) 建物 5,000,000 (貸方) 現金 5,000,000

・取得原価10,000,000円、簿価7,000,000円の建物が7,800,000円で売れた。
(借方) 普通預金 7,800,000      (貸方) 建物 10,000,000
    減価償却累計額 3,000,000     固定資産売却益 800,000

■主な取引例

・店舗
・自社ビル
・営業所
・研修所
・工場
・事業所
・社宅
・車庫
・倉庫
・造作費用
・仲介手数料
・事務所用建物
・宿泊用建物
・建設仮勘定振替
・建物購入代金
・建物取得時立退料
・建物取得費用

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2