長期貸付金

スポンサードリンク


長期貸付金とは、返済期間が1年以上の貸付金のことで、従業員や役員、子会社・関係会社や取引先等にお金を貸し付けた金額を計上する科目です。

長期・短期の区別としては、1年基準(ワン・イヤー・ルール)によって決められており、1年以内に支払期日が到来するものは短期、1年以上なら長期として定められています。

もし、長期貸付金が支払期日の1年以内となった場合、決算期に短期貸付金へと振替処理をします。

■仕訳例

・3年後の返済予定で、取引先に3,000,000円を貸し付けた。
(借方) 長期貸付金 3,000,000 (貸方) 現金 3,000,000

・長期貸付金3,000,000円が、利息90,000円とともに当座預金に入金された。
(借方) 当座預金 3,090,000 (貸方) 長期貸付金 3,000,000
                       受取利息 90,000

・来期が返済期限になる長期貸付金1,000,000円を、決算日に短期貸付金へ振り替えた。
(借方) 短期貸付金 1,000,000 (貸方) 長期貸付金 1,000,000

■主な取引例

・関係会社長期貸付金
・従業員長期貸付金
・長期住宅資金融資
・長期手形貸付金
・短期貸付金に振替
・取引先長期貸付金
・役員長期貸付金

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2