仮受金

スポンサードリンク


相手方科目がはっきりしない場合や、入金内容や理由がはっきりとしたことがわからず不明で、原因がわかるまでに時間を必要とする場合、一時的にこの勘定で処理をするために設ける科目です。

相手方勘定科目や金額が明確になった段階で、該当する科目に振替処理をします。

長い間にわたって不明確な仮受金があるときは、特別収益に計上することになりますので注意が必要となります。

■仕訳例

・決算期末の仮受金30,000円と仮払金60,000円を調査し、仮受金30,000円は売掛金入金、仮払金50,000円は出張旅費未精算分と判明した。
(借方) 仮受金 30,000    (貸方) 売掛金 30,000
    旅費交通費 60,000      仮払金 60,000

・内容不明の入金15,000円を仮受金に計上していたが、期末になっても内容が判明しなかったので、雑収入に振り替えた。
(借方) 仮受金 15,000 (貸方) 雑収入 15,000

■主な取引例

・科目不明入金
・科目未確定入金
・最終金額未定入金
・不明入金

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2